三沢近海では春から初夏にかけて、刺し網・定置網などの漁業で漁獲される「鰆(さわら)」。
鰆の語源は「腹部が狭い」ことから、「狭腹(さはら)」→「さわら」と言われ、その語源のごとくほっそりと青みがかった銀色の魚体をしています。
和食の基本的な食材の一つとして知られ、身は淡白でクセがなく、ほんのり甘く上品な味わいがあります。

商品ラインナップ

さわら 西京漬

ほんのり甘い西京味噌をじっくりしみ込ませた「さわら 西京漬」

さわら ゆうあん漬

魚本来のうまみとさわやかな香りが引き立つ「さわら ゆうあん漬」

その他の粋シリーズ

ページの上部へ